エンドウ工務店

外断熱にもいろいろある

“外断熱”が支持される理由。 それは、屋根から基礎まで、全体を包み込むから。

外断熱は、基礎から壁、屋根の上まで、断熱材ですっぽりと覆うことで、家全体を断熱する工法です。気密性も高いため家全体があたためられ、居室だけでなく小屋裏や床下まで有効に使うことができます。たとえば家中がリビングのあたたかさで包まれる、といったイメージです。また、支持されるもうひとつのポイントは、結露が発生しにくいということ。室内や壁内の温度差が少ないため、躯体劣化の原因となる結露が発生しにくく、家の長寿命化に貢献します。

基礎まで外断熱

基礎の外側を外断熱すると・・・
外気の影響を受けにくいため、床下温度が安定。夏は木陰のようなすずしい床下、冬はあたたかな床下を実現します。また家を支える基礎の耐久性も向上します。

屋根にも外断熱。 夏の焼けるような小屋裏が、外断熱なら快適な生活空間に。

夏は、太陽の熱により、躯体内(特に小屋裏)の温度が外気以上に高まります。そんな時でもソーラーサーキットの家なら、躯体を覆う断熱材が、室内空間への熱の影響をやわらげます。また、小屋裏と床下の各ダンパーを開放して熱気や湿気を逃がすことで、家全体をよりさわやかな環境に保つことができます。夏の悩みのひとつである冷房費の節約にもつながります。

 

真夏の小屋裏温度
屋根からの太陽熱の伝わりを抑え、こもった熱は外へ排出するので、熱ごもりを和らげます。

断熱材にも工夫・ソーラーサーキットの外断熱。

第6回 オゾン層保護・地球温暖化防止大賞 経済産業大臣賞 受賞
平成15年度 地球温暖化防止 環境大臣賞 技能開発・製品化部門 受賞

高い断熱性能はもちろん、耐圧強度と透湿抵抗にも優れた断熱ボードです。雨や湿気に強いので、多様な環境下で使えます。製造工程でフロンを使わず、リサイクルも可能なので、環境性能にも優れます。