エンドウ工務店

リフォームREFORM

リフォームの価値提案(匠倶楽部)

私たちエンドウ工務店では、家は永く遺すものとして、あるべきだと考えます。それは、家を建てて終わりということではなく、建てた後もメンテナンスをし、修繕をしていくことで、代々住み継いでいくことができるということを知っているからです。

また、住まいはその時々の環境の変化に合わせて変えていくことができます。家族が増えた時には部屋を増やしたり、より性能の良い暮らしをよくする設備がでたら、今の住まいに取り込んだり。

時を経ることで住宅の設備や間取りは老いていきますが、リフォームによって新たな価値を与えれば、魅力的な住まいとして生き返らせることも可能です。

私たちエンドウ工務店が「大工」「棟梁」「各業者」と協力し、快適な住まいへのリフォームをするために生み出したリフォーム集団のことを『匠倶楽部(たくみくらぶ)』と名付けました

長く家づくりにたずさわってきた住まいづくりのプロ達が、住まいの不満をリフォームで解消しています。

これからの未来を考え、住まいも変化させていく。

「家」と一言でいっても、とらえ方はいろいろです。住宅会社では「商品」と呼び、また不動産会社では「物件」と呼び、そして設計士は「作品」と呼びます。どれも間違ってはいないのですが、長年大工として家を建ててきた私にとって建ててきた家はすべてわが子のように愛しいもの・・・。

そのせいか、簡単に「家」を「商品」だの「物件」だのと割り切れません。なんと呼べばいいのかはわかりませんが、そんなわが子のような「家」も家族に合わせて変化し、育っていくものだと思っています。そのときどきにリフォームを考え、より快適な住まいへと成長させてもらえるとうれしいです。

エンドウ工務店のリフォームでは、設計スタッフやコーディネーターが、ひとりひとりのご家族の家づくりの大切な時間とリフォームしてからの新しいライフスタイルの両方を提案し、不安や悩みを一つ一つ丁寧に解決するのはもちろん、お客様が「夢」をしっかり現実のものとして感じられるリフォームを行います。

今の生活の不安や不満を解決することだけ、ただ安いということがリフォームとは考えません。お客様と本気で未来の生活を見つめ、リフォームの提案をしていきます。

昔の想い出をそのままにできる、リフォーム。

子供のころからずっと住んできた家。そこには、いろいろな家族の想いでがあるものです。思い返せば、柱の一本一本に、ドアに、雨の日窓に、ベットから見上げた天井にだって、大切な想い出がありますよね。でも、家も歳をとり、老朽化が進めば、どうしても次の段階へと踏み出さなければなりません。

その時に、ある人は家を解体し、新しい家を建てることを考えます。また、その反対に家はそのままに、リフォームを考える人もいます。経済的に見れば、住宅ローンもフルに使え、新しい材料でつくる新築がいいでしょう。ただ、お金には変えられない思い出といったものを残しながら新しくするリフォームもいいものです。

どちらが正解ということもなく、ここは個人の価値観によるものでしょう。私も新築をよくたてている身ではありますが、やっぱり自分が建てた家を解体して別の家を建ててもらうよりずっと残しながら住んでいただきたいと思ってしまいます。そこで、エンドウ工務店では、決して新築だけではなく、想い出も残しておきたいお客様のために全面リフォームも請け負っております。

「劇的ビフォアアフター」という番組をご存じでしょうか?匠とよばれる人がその名のとおり劇的に住まいを生まれ変わらせるという番組。あのTV番組の世界はTVの中だけの世界ではありません。どの地域でも、地場の工務店には、ああいったリフォームの仕事ができる優秀な設計士、大工がいるものです。私にもできるよ、と偉そうなことは言えませんが、長年大工を経験してきてますので、木の大事さや、家の大事さについては、誰よりも熟知しているつもりです。

大船にのったつもりで依頼してもらえれば、絶対に後悔の無いリフォームをいたします。今まで住んできた家の想い出。ずっと残しながら住み継いでいくためのリフォームなら私と、私の家族そしてエンドウ工務店のスタッフにお任せください。